萩の月
ミニボート「パーフェクター13」をカートップして神奈川の海を中心に釣行します。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
タイラバ作成
桜も咲いてすっかり春ですね。
しかし、この時期が一年でもつらい。

海には水垢のような汚い潮。
光が届かないのか、冷たい潮が入り込むのか深場は厳しい冬ですね。


ザ・フィッシングは屋久島のマダイ。
80がポンポンと(@_@;)スゲー

おっと、もうそんな時期か。
というわけで、釣りにも行けなかったので家でタイラバの作成です。

タイラバ作りはとても簡単。
しかも自作でも良く釣れるので、市販品は買ってられないです。

■材料
ネクタイにラバースカートに適当に色々(笑)。
IMG_20160327_124228654.jpg

ネクタイはシャウト製がペラペラで良く動くので好きです。
ただし、一般的なシリコンではなく天然ゴム製らしいので、すぐ劣化します。

まずは、ラバースカートを12本。単色ではなく色々な色を混ぜます。
こんな感じでネクタイと一緒に並べます。
IMG_20160327_125259666.jpg

それを短く切ったシリコンチューブにモノフィラを使って通します。
IMG_20160327_125730025.jpg

セブンスライドのパーツをシリコンチューブの中に入れる。
写真のようなアシストフック的なものをセブンスライドに通して、スプリットリングを通して完成!
IMG_20160327_130715623.jpg

こんな感じでオモリと装着します。
IMG_20160327_131220459.jpg
オモリの穴にはテフロンチューブが通してあり、ラインが傷つかず、良く滑るようになっています。

色はお好みで。赤、オレンジ、緑あたりが好きです。
IMG_20160327_133131171.jpg

オモリと本体をセパレートにする理由は、下記の2点かと思っています。

①オモリと針を離すことで、マダイが首を振ったときのオモリの慣性力が減りバラシが減る
②着底するときにオモリと本体が離れることで、本体の動きが止まらない(アピール力up)

さて、今年のマダイはどうでしょう?
作ったタイラバを使うのが楽しみです。



ボート釣りのブログはこちらから。
にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
今晩は^^♪

のっこみ真鯛ですね〜
先週のテレビの真鯛釣り私も渋滞の中
見てましたよ(笑)

来週辺りから出撃ですか?
う〜ん 私も行きたい・・・・^^♪
2016/03/28(月) 22:48:21 | URL | toshi #- [ 編集 ]
toshiさん、コメントありがとうございます
そろそろマダイの季節ですね。
ゴゴゴというタイラバのアタリ、楽しいですよ。
来週と言わず、海の状況が良ければ毎週行きたいですね(笑)
80は届きそうにないので、目標70です(^^)!
2016/03/29(火) 12:33:58 | URL | kamada #- [ 編集 ]
タイラバ、あそこの、かの釣果は凄かったですね、今年もagainですね、そろそろですね、ガサツなたわしには真似の出来ない
タイ(ラバ)イングですな!!
2016/03/31(木) 00:50:45 | URL | M2Dですよ!? #- [ 編集 ]
M2Dさん、コメントありがとうございます
一度は良い思いをしましたが、
釣れないときは全然釣れませんね(>_<)。
タイラバは釣れないとすぐ眠くなるので、自分との戦いですね(笑)

タイラバ作り、めちゃ簡単ですよ!
2016/03/31(木) 20:24:50 | URL | kamada #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ