萩の月
ミニボート「パーフェクター13」をカートップして神奈川の海を中心に釣行します。
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
2/3マイボート釣行183 イナダは狙うと釣れない
2/3(土)、前日は神奈川でも雪。
それも結構な積雪で雪かきが必要なほど。

翌日の釣りは諦めモードでしたが、昼間の陽気でほとんど溶けました。
というわけで予定通り行ってきました(^^;

出航地には寒いせいかいつものMomogoさんと2艇だけ。
朝は少々風があるので、近場でキンメです。

さて、キンメ実績ポイントを流しますが、全くアタリなし。
できるだけ長い距離を流して広く探りますが、餌すら取られない。

これはヤバい?
少し浅めのポイントに移動して底中心に探っていくと、やっとアタリ。
DSC_0345_20180206003309a90.jpg
久しぶりのクロムツです。

このポイント付近を流していくと、単発ですがクロムツ連チャン。
クロムツばかりこんなに釣れるのは初めてです。
キンメの代わりにクロムツの群れが入った?

同じ位のサイズのクロムツを4本釣ったところで深場は終了。
風が弱くなってきたのでジギングに移動です。


今回はジギングロッド2本体制で非常に気合が入っております(笑)
魚探にもやる気のありそうな反応。
DSC_0349.jpg

いつものロング系ジグをジャークすると、早速ヒット!
DSC_0347_2018020600331151c.jpg
うーん小さい・・・リリースです。

これは体に刺さってしまったのでキープ。
DSC_0348.jpg
狙いはブリサイズなので、このくらいのイナダだとドラグも鳴りません

その後もイナダばかり。
イナダはもう十分なので、釣ってはポイ、釣ってはポイ。

たくさん釣れるので友人にラインしてみると、イナダを欲しいという。
じゃあ、持っていきますと連絡。

2~3本サクッと釣って持って行ってあげよう、
と思いましたが・・・これが甘かった。

魚探にはまだ反応がありますが、
スイッチが切れたのか、いきなり釣れなくなってしまった。
誘いを変えてもジグを変えてもダメ。

悔しいので残業しましたが、ギブアップ(>_<;)
イナダなんて簡単、と調子に乗ってました(--;

釣果:クロムツ×4
DSC_0350_201802060033150f4.jpg
キープしていたイナダ1本は友人宅へお届けです( ̄▽ ̄)

クロムツは塩焼きに味噌漬け焼きに・・・やっぱり旨い!(^q^)
次回はこれを専門に狙うのも手ですね。


2/3(土)
日出06:40 日没17:13
正午月齢17.0
潮名 中潮
00:12 2cm 干潮
06:58 148cm 満潮
12:33 63cm 干潮
18:12 146cm 満潮


ボート釣りのブログはこちらから。
にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
1/20マイボート釣行182 前半ヒマ、後半大忙し
1/20(土)、今週も行ってきました。

先週釣れたイナダが気になる。
あのポイントにはワラサ、ブリサイズもいるんじゃないか?
先週に引き続き今週も青物狙いです。

大寒でしたが暖かい。
先週は朝の気温が-3℃だったのが今回は4℃。
この時期になると4℃が暖かく感じるんですね(^^;

朝方は風が強めでうねりもあります。
DSC_0331_2018012219181612b.jpg
青物ポイントは危険なので近場の深場でキンメ狙いです。
・・・
・・・
ヒマです。平和です(笑)
年末・年始に釣れていたキンメは完全にいなくなったようです(^^;

3時間ちょっとやってキンメ×1
DSC_0332_20180122191818f56.jpg
こんな気長なことしていられない。

今回は青物狙いがメイン。
まだ風が少し強いですが先週のイナダポイントまでじわじわ移動( ̄▽ ̄)

ポイントに着くと風は大分治まっており、何とかいけそう。
11時、やっとジギングを開始します。

先週は60gのジグを使ったのですが、釣れるのはイナダばかり。
大きめのジグを使うと大物が釣れるかも? というわけで今回は大きめの120g前後を使います。

魚探には先週同様反応がバリバリ出てます。

ジギングを開始するとすぐにヒット!
DSC_0333_20180122191819619.jpg
49センチ。先週のイナダより微妙に大きい(笑)
今回はブリでも対応できるタックルなので、簡単に上がってきました(^^;

うーん。これじゃない。ブリ来いや!
ジグを変え、再びジャークジャーク!

ドス!
ギュイーン!


今までとは明らかに違う引き!
走る走る。

バットを腹に当てファイティングポーズで止めます。
これはかなりデカい?

10分程、一方的にラインを出されてましたが、何とか巻けるようになってきた。

水面に上がってきた魚体は・・・
あれ?思ったより小さい(--;
DSC_0336.jpg
70センチでしたので、ワラサですね。
良く引くと思ったら・・・スレでした・・・

このポイントにワラササイズがいるとわかったのは大収穫でした。

さーて、次こそはブリか?
と続行しようとしていたところにMoMogoさんからLINE連絡。
ヤリイカが入れ乗り状態だそうです。

これは便乗するしかない。
キンメとは違って大忙しです(笑)

ヤリイカポイントへ到着。
楽に釣れると思ってましたが、アタリはあるものの乗らない。
深場用のロッドとリールなので、アタリがわからないのかも?
って先週と同じことをしてます(^^;

既に起上り予定時間ですが、悔しいので残業。

ギュイーン!

やっと乗った!と思ったら・・・
DSC_0337.jpg
スルメでした。

ヤリイカとは相性が悪いようです(ヘタなだけ?)
タイムリミットで終了。

前半ヒマ、後半大忙しな海でした。
次回こそは準備を整えてヤリイカを釣りたい(ブリも)



1/20(土)
日出06:49 日没16:59
正午月齢3.0
潮名 中潮
00:42 4cm 干潮
07:35 147cm 満潮
13:06 73cm 干潮
18:34 141cm 満潮


ボート釣りのブログはこちらから。
にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村
電動リール用バッテリーを新調
電動リール用のバッテリーを新しくしました。

ここ3年くらいは自動車用のバッテリーを電動リール兼魚探用として使っていました。
IMG_20161023_.jpg
自動車用バッテリー1個で、1日分の電動リールと魚探の電力を賄えます。
しかし、自動車用バッテリーは頻繁に充電されながら使う用途に適しており、重放電⇔充電を繰り返す場合は寿命は早いようです。

今までパナソニックのカオスを2台使いましたが、
 初代は 2年78釣行
 2代目は 1年50釣行
で寿命というところです。自動車では3年以上持ちますのでかなり寿命が速い。

本当はボイジャーのようなディープサイクルバッテリーがこの使い方には合ってますが重いし高い。

自動車用バッテリーは新品を買ったときに廃バッテリーの処分してくれるのも良いところです。


釣行中に使えなくなるバッテリーには散々苦労させられてきました。
何とかこのストレスから解放されたいところです。

というわけで今回は仲間のお勧めもありラジコン用のリチウムポリマーバッテリー(リポ)にしました。

Multi-Rotarと書いてあるので、ドローン用ですね。
4セル14.8Vで容量は20Ahもあります。

これで約1.4万円は破格。
同じリポバッテリーのシマノ/電力丸と比較すると容量は倍で値段は1/3以下。

鉛バッテリーは12Vに対して、リポは14.8Vあるので電動リールのパワーup効果も見逃せません。


しかし、リポは事故も多いようです。
ラジコン用リポを自己責任で使うわけなので、バッテリーを知り気を付けて使わなくてはなりません。
ここでちょっとリポバッテリーの基礎知識を学習。

■リポは1セル当り定格電圧3.7V、満充電状態で約4.2V、終止電圧で3V
電動リール用には4セルを使いますので、
満充電 :16.8V
定格電圧:14.8V
終止電圧:12V
電圧を測定することで、電池の残量を知ることができるということです。

■過充電に弱い
過充電すると発火の危険があるため、充電時の電圧の管理が必要。
4セルの場合は、各セル毎の管理が必要となります。
満充電状態で保管すると、温度が上がった際に過充電となり発火の危険もある。

■過放電に弱い
過放電するとバッテリー自体が再起不能になる。
過放電状態で充電すると発火の恐れがある

■衝撃に弱い
スマホ用バッテリーの発火事故が有名ですが、強い衝撃を与えると発火の恐れがあります。


これらを踏まえた上で、

・念のため満充電は避ける
  →容量が大きめのバッテリーを8割位の充電で運用する
・ギリギリまで放電させない
  →これも容量が大きめのバッテリーを使えば安心
・充電済の状態で保管せずに、釣行直前に充電する。
・保管時はリポバッグ(耐火ケース)に入れる
 →気にしすぎの気もしますが、不在の時に家が燃えたらシャレにならないので(TωT)

とりあえずこれくらいやっておけば大丈夫でしょう。


さて、これがラジコン用のリポです。
Amazonで注文しましたが、FedExで香港から届きました(^^;
DSC_0322_201801162209056aa.jpg
黄色いコネクターの赤と黒のコードが+と-で、白いコネクターはバランス充電コネクターです。


充電はバランス充電機能の付いた専用充電器を使います。
SKY RC i-MAX B6mini

別途DC12Vのアダプターが必要です。

充電中
DSC_0275_20180116220858449.jpg
DC12V-5Aのアダプターで最高2.8Aまで上げられましたが、アダプターが異常に熱くなります。
2A位で充電するのが良いと思います。
DSC_0316.jpg
セル毎の電圧も確認できます。
DSC_0318.jpg
1セル当り4.2Vで満充電ですが、充電中は近くにいるようにして
4V(80%)くらいになったら止めておきます。
DSC_0321_20180116220903a84.jpg
慣れてしまえば、電池残量を計算してタイマー充電が楽です。

使わない時はリポバッグで保管
DSC_0233_20180116220850cf8.jpg

バッテリー格納システムはほぼエビさんにいただいてしまいました(^^;
バッテリーはプラノ1812に格納します。
DSC_0256.jpg
パーフェクターのイケス横の狭いデッドスペースにピッタリはまるサイズ。
まさにパーフェクターのためのタックルボックスと言っても過言ではない(^^;
DSC_0325_2018011622090883d.jpg

こんな感じで格納。
DSC_0257.jpg
釣り具も入れますので、木枠で囲いました。
DSC_0258.jpg
防水コネクターでケース外に出して、電極ボックスを繋ぎます(これもエビさんの作品)。
電圧が表示されますので、容量をチェックできて安心です。
DSC_0323.jpg
12Vまで下がると過放電の危険がありますので使用ストップです。


早速ボートの上で使っていますが、快適です。
DSC_0261.jpg
冬の深場の釣りだと電動リールの電力消費量は1日で2~2.5Ahくらい。
このリポは20Ahあるので超余裕。充電なしで1週間くらい遠征できそうです(^^;

更に魚探用は安い自動車用バッテリーにして別にしました。
電動リールの巻き上げ中、魚探にノイズが乗るのがイヤだったので(^^;

さあ、これでバッテリーの苦労から解放されるのか?




ボート釣りのブログはこちらから。
にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村
1/13マイボート釣行181 キンメ不発イナダに癒される
風がビュービューの日が続いていましたが、週末はなんとか風が止んてくれました。
というわけで、平日休みの仲間を尻目に1/13(土)行ってきました。

風は問題ないですが、とんでもなく寒いです。
DSC_0324.jpg
今年一番の寒さかも。
手をポケットに入れてカイロをつかんだまま出せません(^^;

最初はキンメを狙いです。
情報によると年末にあれだけ釣れたキンメが釣れなくなったそうな。
本当かな?確認したかったのです( ̄▽ ̄)

実績ポイント付近。
・・・
・・・
確かに釣れない(--;
当たったと思ったら、ギスの粘液だけ・・・
何なんだこりゃ?

ポイントを転々として、朝の実績ポイントの逆斜面付近で何とかアタリ。
このチャンスを生かさないと。
引きが大きいので、上の針に付いたか?
と予測し、巻き上げで追い食いを狙うと・・・

下の針2つだけにキンメ。
DSC_0326.jpg
ベタ底でしたね。予想と逆でした。
弛ませで追い食いさせれば良かったorz

この後はノーチャンス。
本当に群れがいなくなっちゃいました( ̄▽ ̄;

そこにMoMoGoさんから、ヤリイカの釣果のLINE。
これは行くしかない?というわけでヤリイカ場へ移動。


楽にすぐに釣れると思ってましたが・・・
アタリなし(--; 魚探にも反応なし。
何が悪いのか?
深場のロッドとリールをそのまま使っているので、アタリがあるのにわからないだけかも?
いずれにせよポキっと心が折れました。出直してきます。


しかし、ここままでは何かスッキリしない。
まだ30分位時間があるので、ダメ元でジギングをしてみます。
釣れなくてもワンピッチジャークで体を動かしてスッキリする作戦です(笑)

ここのところ魚らしい反応が少ないので、少し諦めムードでしたが岸際へ移動中にあっさり発見。
DSC_0327.jpg
水深50~75mに良い反応。これは期待大?
深場の餌のサバも在庫切れなので、サバでも良いかな?

この時期のベイトが良くわからないので、小さめのタングステンジグを選択。

ドス!

久しぶりの魚らしいアタリ!
これは慎重にいかないと、と思ってたら、

フッ・・・

バレましたorz

いつものようにここで姿見ずで終了か?
と不安がよぎりましたが、まだまだ魚影がバリバリ。

トス!

ちょっと軽い引きでしたが、今度は何とかキャッチ。
DSC_0328_201801141508140f7.jpg
反応の正体は季節外れのイナダ。

その後もすぐにヒット!
DSC_0329.jpg
まだまだ釣れそうなイナダゲー状態でしたが、2本あれば十分なのでこれにて終了。
サイズは46cm,48cmという感じでした。

釣果:
キンメ×2
イナダ×2

激シブの海でしたが、イナダに癒されました。
冬でもジギングタックルは必須ですね。
贅沢を言えばワラササイズが釣りたいかな( ̄▽ ̄;


1/13(土)
日出06:51 日没16:52
正午月齢25.8
潮名 中潮
03:16 118cm 満潮
07:34 95cm 干潮
13:34 135cm 満潮
20:43 26cm 干潮


ボート釣りのブログはこちらから。
にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村
1/6マイボート釣行180 アカムツはどこに?

1/6(土)、早くも今年3回目、そして今回の長期休み最後の釣行となりました。
今回も、前回撃沈したアカムツ(+アオリ)狙いです。
やっぱり、こういう釣れない釣りが燃えるのか?(笑)

今回も晴れ渡ってます。
DSC_0305.jpg
年末年始の休み中は、運よくほぼ穏やかだった気がします。

さて、最初は3本針仕掛けでアカムツを狙います。
短い仕掛けなので、手返し良く出来るだけたくさんのポイントを探る作戦です。

最初のポイント・・・スカッ
2番目のポイント・・・スカッ
3番目のポイントでやっと良いアタリ!

本命・・・ではないですが色違い、クロムツゲット!
DSC_0308.jpg
久しぶりに釣ったのでうれしい1匹。

その後は続かず、こんな外道だけ。
DSC_0309_201801062307126d0.jpg
ポイした後に教えてもらったのですが、この魚はツボダイという魚で、
激旨なレア魚だったんだそうな。もったいない(T-T)

4番目のポイントでは、ベタ底でもキンメが釣れてキンメ×3。
深場はこれでギブアップ。


昼前にして風が強くなってきました。
いつもならここで早上がりをするところですが、ティップランにはちょうど良い風。
少し離れたポイントでアオリ狙いに変更。

風はビュービュー。しかし良い感じでボートが流れます。
浅場中心に12~20mで粘ってみましたが、シャクってもシャクってもダメ。
強風、向かい風の中をとぼとぼ帰還しました。


釣果
DSC_0310.jpg
キンメ×3
クロムツ×1

微妙な釣果(^^;
アカムツ&アオリはいつ結果が出るのでしょうか?


1/6(土)
日出06:52 日没16:46
正午月齢18.8
潮名 中潮
01:11 11cm 干潮
08:15 145cm 満潮
13:42 84cm 干潮
18:55 135cm 満潮



ボート釣りのブログはこちらから。
にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ